HOME > 歯周病

歯周病

放っておくと怖い歯周病

歯周病は成人の80%が罹患していると言われています
年齢が60代で約10本前後の歯がなくなっているそうです。※厚労省歯科疾患実態調査
成人の80%以上が歯周病です。実はこれは、生活習慣病です。なので、よく成人になってから歯がぬけることがありますが、ほとんどの理由が、歯周病なんです。

歯周病とは、歯の周りつくプラーク(歯垢)が歯磨きをしてもとれないまま、歯間に入ってしまい歯と歯ぐき間の骨を溶かします。
そのうちにプラーク(歯垢)が歯石へ変化します。※この時点で歯磨きでは取れないです。症状としては、歯がグラグラ、歯ぐきからの膿などです。そして歯が抜け落ちてしまうのです。これだけに留まりません、怖いのは、1本だけではなく、口全体に広がる恐れがあります。又心臓病・糖尿病など様々な病気も引き起こし、身体全体に悪影響を与えています。

※注意※
自覚症状はほとんどなく、歯科医院で検査を受けた時には、手遅れということもあります。
歯を一番大切にするということは、定期的に歯科医院へ通い、早期発見・早期治療を行うことが大事です。
当院では「日本歯周病学会」の認定をうけた歯周病専門医が常勤しております。まずはお気軽にご相談下さい。

  • ハミガキをやっていると歯茎から血がでる。
  • 「口が臭い」とよく言われる。
  • 膿が出る。
  • 朝起きたら、ネバネバしたり、妙な味がする。
  • 歯ぐきが腫れる。痛む。
  • 歯が動く。
  • かゆい。
  • 歯間に物が挟まる。
  • 以前よりも歯が長くなったような感じがする。

症例毎の歯周病

■健康な歯ぐき
健康な歯ぐき

お口の中全てが健康な状態です。歯ぐきはピンク色の引き締まっています。

■歯肉炎
歯肉炎

炎症(歯ぐき)で、歯ぐきが赤く腫れています。出血はしやすいです。
まだ歯を支える骨までは進行していません。

■軽度歯周炎
軽度歯周炎

歯ぐきの炎症が進むと、小さな歯周ポケットと言われるものができます。同時に、歯を支える骨も壊れ始めます。

■中度歯周炎
中度歯周炎

歯を支える骨の壊れ始め、歯がグラグラし始めます。

■重度歯周炎
重度歯周炎

歯茎も薄くなり、歯はグラグラ度合いが大きくなり、ほとんど噛めなくなります。

歯周病の原因

細菌因子 環境因子 生体因子
プラークとは

歯垢(プラーク)をご存じでしょうか?
歯垢は、歯周病の原因なんです。細菌が固まりなので、歯磨きではとれず、食べかすでもありません。
ただ食事を取ると、必ず歯にタベカスつきます。その食べカスを栄養として増えるのが細菌です。お口がベタベタするのはこの細菌のせいで、食べカスをつきやすくしているのです。
増えるとプラークになります。よって、プラークコントロール(カスをとること)がとても大切です。当院の衛生士が、一番正しいブラッシング指導を行いますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。


歯石とは?

歯石をご存じでしょうか?
唾液に含まれるカルシウムなどおの成分がプラークに付着してしまうと堅い石のようになり、それが歯石となります。
 しかも食べカスがつきやすいように、表面ザラザラになっていますので、要注意です。プラークがたまり始めると又、歯石も増え、悪循環になってしまいます。歯石は基本どこにでもできますので、見えない裏や歯と歯ぐきの間などで見えないところにもできることがあります。

歯周病治療の流れ

検査
検査

歯周ポケットの検査、レントゲン検査、口腔内写真検査などの様々な検査をします。

治療計画の計画
治療計画の計画

診断結果と一緒に治療計画をご理解頂けるまで丁寧にご説明させて頂きます。

歯石の除去
歯石の除去

当院の衛生士からブラッシング指導、口腔衛生指導を行います。それから歯石除去を行っていきます。

再検査
再検査

きれいになっているかどうか正確に確認致します。

歯周外科処置
歯周外科処置

状況しだいで歯周外科処置になります。

審美治療
審美治療

見た目の改善が必要な場合は、審美のご提案をさせて頂きます。

メインテナンス
メインテナンス

メインテナンスを行います。

歯周病の基本とは?

最初は、歯周ポケット検査です。歯周ポケットが深い、浅いで判断します。さらに検査している最中に出血する箇所には早期治療を行います。又、歯石プラーク除去を行います。スケーリングといって、歯石プラークを機械で取除く方法をいます。

また、歯がザラザラしたり、歯石がいっぱいあったり、毒素微生物汚染された表層を除去する方法をルートプレーニングといいます。除去する場合痛みが出るので、場合によっては麻酔も行います。2~3ミリの歯周ポケットの深さであれば、メインテナンスへ移行します。

歯周外科治療

歯石プラークが除去できない場合、重度歯周病状態の場合は外科的手術を行うこともあります。
手術はそれぞれの病態にあった方法が適応されます。

メインテナンスの重要性について

インテナンスとは歯周病を再発させず、健康な状態を 維持していくための定期的な治療のことです。

日々正しいブラッシングを行い、さらに定期健診にいくようにしましょう。歯周病は再発しやすい病気と言われています。
治療完了後、3~半年ごとに定期健診でご来院頂ければと思います。細菌集団の歯垢は、正しいブラッシングで、ほとんど除去することが出来ます。
ただし、一度むしばまれた箇所であれば、再度再発することも多いので、ブラッシングが不十分であったり、メインテナンスを怠ると再発する可能性は非常に高いと言えます。

メインテナンスを行う項目

■ 歯周精密検査
ブラッシングの再確認
■  噛み合わせのチェック
■  生活習慣指導
■  トゥース・クリーニング、抗菌剤の塗布、フッ素塗布など


日本歯周病学会専門医について

日本歯周病学会専門医について

歯周病の治療は歯科領域の他科より比較的新しい分野であり,治療内容も複雑なのが現状です。そのため,歯周病に対する的確な診査,診断,治療のおこなえる歯科医師は現在のところ残念ながら小数に限られています。さらにその少数の先生を見つけるのは非常に困難です。

日本歯周病学会では,一定の臨床経験と,知識などを試験し,合格者に対して,「日本歯周病学会専門医/認定医」という資格を授与しています。この専門医/認定医の治療を受ける事が現在,的確な歯周治療をうける一番の近道です。
特定非営利活動法人日本歯周病学会における、歯周病専門医とは、「国民への新たな専門的な歯科医療制度として、歯周治療を専門的に取り扱うに充分な技量と倫理観を有する歯科医師を認定するものであります。

今回の厚生労働省の布告により、本会が認定した歯周病専門医につきましては、広告等により、その公示が可能となります。」とされています。

また、歯周治療における専門的知識と技術を有する歯科医師を育成するとともに国民の口腔保健の増進に貢献することを目的として認定医、専門医、指導医等の資格を設けており、それぞれの資格の概要は以下のとおりです。

歯周病認定医は3年間研修施設で研修して、基本的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で認定医試験に合格した歯周病学会員。

歯周病専門医は5年間あるいは認定医取得後2年間研修施設で研修して、専門的な歯周治療の知識と技量をマスターした上で専門医試験に合格した歯周病学会員とされ、受験資格は

1. 歯科医師免許を所有している事。
2. 日本歯周病学会指導医の元で5年以上の歯周治療の臨床経験を有する事。
3. 日本歯周病学会の会員になってから5年以上経過している事。
4. 申請時に50教育単位以上を取得している事。(学会発表や論文発表をしている事。)

などがあります。

これらの資格を満たした者が,認定医試験を受験します。そして合格すると,専門医/認定医証を受領できます。この資格は取ったら終りというものではなく,5年ごとに更新する事が必要です。つまり,常に歯周病に関係していないと,専門医/認定医を持続するのは困難なのです。現在全国で600人余りが取得しています。
歯周病専門医取得者については全国で600人程度と全国の歯科医師98000人の中、わずか0.6%であります。

NPO法人 日本歯周病学会より抜粋

NPO法人 日本歯周病学会