HOME > バリエーション

様々なインプラント治療

1本の歯を失った場合

一番ポピュラーなインプラントの治療手段で、歯がない部分に1本埋入しますので、両側の歯を削らずに済みます。
また、噛む際に歯ぐきにいい刺激が加わるので、顎の健康を保てます。

1本の歯を失った場合のイメージ

奥歯を含めて複数の歯を失った場合

数本の歯がなくなってしまった場合は、どの治療でも歯ぐきに非常に負担がかかっていましたが、インプラントであれば、インプラントを支えにした固定なので、安定し、負担が非常に少なくなります。

奥歯を含めて複数の歯を失った場合のイメージ

全ての歯を失った場合

総入れ歯は歯ぐきで支えることになり、非常に負担がかかっていました。しかしインプラント治療の場合は、バータイプで固定させるので、歯並びが、ずれてしまうようなことがありません。

インプラント・バータイプ インプラントマグネットタイプ 下あどに歯がない症例
インプラント術式 「ソケットリフト」
インプラント術式 「サイナスリフト」」
インプラント術式 「GBR」

インプラント術式 「スプリットクレスト」