HOME > インプラントとは > 治療の流れ

治療の流れ

治療の流れ

インプラント治療は手術で終わりではありません。術後治癒期間、仮歯入れ込みなどのフェーズに分けられます。
下記に流れをご紹介致しますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

1 診査・診断

インプラント体を埋込む顎の骨量や質形が大丈夫かどうかを確認するため、歯の型をとります。
レントゲン撮影、CT撮影を行い、より成功率・安全性を高めるための診断を行います。

診査・診断のイメージ
一次手術のイメージ
2 一次手術

専門麻酔医による麻酔を行い、その間にインプラントを埋め込みます。蓋を付けて粘膜を閉じます。
※「1回法」の場合は大きい蓋を付け、お口の中の蓋が見えるようにして手術を終了します。2次手術は行いません。

二次手術のイメージ
3 二次手術

「2回法」を選択した場合には、治癒が終わった後、粘膜を開けて、蓋を替える2次手術を行います。
※このフェーズは1回法は不要です。

仮歯装着のイメージ
4 仮歯装着

治癒完了後、仮歯制作し、実際に試して頂きながら装着感などを確認します。
※違和感があれば、医師にご相談下さい。主治医と相談します。本歯の作成に向けて進めていきます。

最終的な歯の装着のイメージ
5 最終的な歯の装着

仮歯での取得データをもとに本歯用の型を採ります。見栄えや歯の色をチェックします。
本歯を装着し治療が完了します。

メインテナンスのイメージ
6 メインテナンス

治療後も、定期健診行い、きちんとエンテナンスしましょう。

治療の流れ(1回法)
治療の流れ(2回法)