HOME > インプラントとは > 注意点

注意点

インプラント手術前の注意するべきこと

体の状態について

インプラントは外科的手術を伴います。体の状態から持病などあらゆる身体の症状は事前に必ず歯科医師へお話し下さい。患者様の症状によっては、ご相談を求めることもありますのでご了承くださいませ。

服用されてる薬について

通常、服用されているお薬がある方は、必ず歯科医師へお話し下さい。
お薬の種類によっては、術前にお薬をやめていただくことがありますので、ご了承ください。
※しっかりメリット・デメリットも丁寧に分かりやすくお話しさせて頂きます。

前日の注意するべきこと

前日の注意点のイメージ
  1. 前日の睡眠は十分にとり、体調不良にならないようにお願い致します。
  2. 当院は麻酔医がおり、麻酔を使うことがあります。お車運転はお控えください。
  3. お化粧はなるべく控えて頂ければと思います。
  4. 義歯やアクセサリーなどの装着品は、はずして頂くようにしております。

術後の注意点について

1. 止血

当日は、できるだけウガイをしないようにして下さい。1~2日程度は、唾液に血が混ざることがあります。又血が多いときはきれいなハンカチなどを傷口にあてるようにして下さい。その後も出血がある場合には、当院へご連絡下さい。

2. 痛み・薬

直後は、鎮痛剤を飲みます。痛みが出ないようにですが、もしも痛みがでるようでしたら、鎮痛剤を服用する必要が御座います。

3. 食事

麻酔がきれてからでないと、お食事はお勧めしておりません。又、反対側で噛むようにしてください。
※刺激が大いものに関しては、なるべく避けて下さい。

4. 腫れ、内出血斑

患者様によっては、腫れ・アザが出る場合があります。腫れは一週間以内におさまることが多いですが、その間は冷やしてください。ただ、氷などの異常に冷たい湿布は、逆に治癒しない場合がありますので、気をつけて下さい。

5. その他の注意事項

ご来院時に詳しくお話しさせて頂きます。

術後のメンテナンス

インプラントを長持ちさせるためは、当院でブラッシング指導を受けて頂き、しっかり磨くことが大切です。
人工の歯とはいえ、他の天然歯と同様のメンテナンスをしましょう。又、プロである歯科医師の検診を年に3回以上は定期的に受けることをお勧めします。

アフターケアとインプラントの寿命
定期検診の重要性

手術が終わったからといって、そのまま一生機能するわけではありませんので、長持ちさせるために様々なご協力をして頂くことがあります。例をあげると、インプラント回り歯の炎症を防ぐ、歯石・プラークが付着してないか、かぶせものは問題ないか、などです。

インプラント治療におけるリスク

骨量
歯周病
禁煙