HOME > インプラントとは > 歯科用CTについて

歯科用CTについて

歯科用CT機を使用する理由

歯科用CTのイメージ
歯科用CT

「インプラント治療等の高度歯科治療において最も大切なことは術前診査です。通常のレントゲン写真はだけでは、情報量に限りがあります(2次元のため)。顎の骨患者様によって異なり、3次元で立体です。正確な状態を診査するためにはCT撮影が必要不可欠です。

CT撮影をする理由

インプラント治療とCT撮影

インプラント治療を行う際にには、埋入する部位の術前の骨の状態(厚みや質、形態など、高さ)が確実かつ正確に判断が出来るので、切開や剥離をしない手術や増骨術などに対しても判断が撮影直後に出来ます。

通常のレントゲンでは2次元の情報しかないのに対しCT撮影を行う事で3次元の情報が得られます。
人体は当然3次元の物なので3次元情報を取得する事は当然有効な事です。

つまり、歯科用CTでの撮影画像をもとに、歯科医師が的確な治療計画を立てることは、安心な治療への第一歩であると言えます。