千葉・秋葉原 インプラント通信

2013年7月31日 水曜日

インプラント手術の不安や疑問について

お口の中の手術ということで、まず手術をするということは痛みがあるのだろうかと思うかもしれませんが、麻酔をかけて行うので抜歯するときと同じ程度となります。

手術後の痛みや腫れは個人差がありますが、手術した部分の傷を修復するための身体の反応で、鎮痛剤や抗生剤を服用していただきますのでご安心ください。
手術後の食事は、通常であれば4日から5日間くらいは固めのものは避けていただき、抜歯して安定してくれば普段通り食事することができます。

インプラント治療にはチタンが使われるのですが、これは重度の骨折をした時に支えとしても使われる金属で、アレルギーが起きにくいと言われています。

インプラント治療に関して悩まれているようでしたら、千葉市稲毛区や秋葉原、神田にある我々の医院へ気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団明佳会 | 記事URL

2013年7月30日 火曜日

安心安全なインプラント治療を行うために

お口の中の手術ということで、まず手術をするということは痛みがあるのだろうかと思うかもしれませんが、麻酔をかけて行うので抜歯するときと同じ程度となります。

手術後の痛みや腫れは個人差がありますが、手術した部分の傷を修復するための身体の反応で、鎮痛剤や抗生剤を服用していただきますのでご安心ください。
手術後の食事は、通常であれば4日から5日間くらいは固めのものは避けていただき、抜歯して安定してくれば普段通り食事することができます。

インプラント治療にはチタンが使われるのですが、これは重度の骨折をした時に支えとしても使われる金属で、アレルギーが起きにくいと言われています。

インプラント治療に関して悩まれているようでしたら、千葉市稲毛区や秋葉原、神田にある我々の医院へ気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団明佳会 | 記事URL

2013年7月24日 水曜日

インプラント治療を失敗しないためには

失敗しないインプラント治療を行うために、患者さんご自身もインプラントについての知識や治療に関しての意識があるかどうかということも必要であると考えています。

治療を行う前には、治療計画などを患者さんにしっかりと理解して納得していただくためにカウンセリングをしっかりと行っています。
患者さんのお口の中の状態によっては、インプラント治療を行えない事もあるため、そのような場合は治療を希望されていても違う方法での治療を提案させていただくことになります。

そして、せっかく治療したインプラントを長持ちさせるためにも、定期的に健診を受けて正しいブラッシングをしっかり習得して予防をしていただきます。

インプラント治療の事なら千葉市稲毛区や秋葉原、神田にある当院にご相談ください。

投稿者 医療法人社団明佳会 | 記事URL

2013年7月12日 金曜日

インプラントなら千葉市稲毛区や秋葉原や神田で

一本だけ歯が無くなった場合、ブリッジでの治療を行うと元からある両サイドの自身の歯を削って治療しなければいけないのですが、インプラントだと直接あごの骨に埋め込んで噛み合わせもしっかりと合わせます。

奥歯の歯など数本の歯を失ってしまった場合、インプラント治療だとインプラントを支えとして固定させたブリッジを作るので、他の歯や歯茎に負担をかけることなく使用できます。

歯周病などで全部の歯を失ってしまうと、今までだと歯茎で支える総入れ歯を作っていたのですが、インプラントをバーで連結させて固定する方法や、マグネットを組み合わせる方法があり、ずれたり外れたりしません。

インプラント治療が行えるかどうか事前にしっかりと問診や検査をしていきますので、気軽にご相談ください。

投稿者 医療法人社団明佳会 | 記事URL

2013年7月 7日 日曜日

千葉市稲毛区や秋葉原に神田でインプラント治療を

インプラント治療とは何らかの理由で歯が無くなったり抜けてしまった場合に、直接歯茎に埋め込んで治療をしていく方法です。
当院ではチーム制をとってそれぞれのプロが治療を行っていくので安心してお任せください。

インプラントはチタン製で、骨と結合し体に影響が少ない金属となっています。

メリットは、見た目も良く自然に話すことができます。
隣接する自身の歯を削ることもなく、噛み合わせも調整していきます。
デメリットは、手術をする必要があるということです。
お口の中の状態によっては治療ができない場合もあり、治療によっては長くかかり、保険適用外となるため治療費が高くなります。

歯が抜けたまま放置しておくと噛む能力が衰え、胃を悪くし顎関節症や肩がこったりします。
健康な日々を送れるように、我々専門医がお手伝いします。

投稿者 医療法人社団明佳会 | 記事URL