千葉・秋葉原 インプラント通信

2013年2月20日 水曜日

インプラント治療に際して気をつけるべき人

前回のブログで、インプラント治療のメリットについてお話させていただきましたが、インプラント治療をしたいと思っても、誰しもがインプラント治療をできるわけではなく、治療をする上で気をつけなければならない人もいます。

例えば、煙草を吸う人ですが、喫煙者のインプラントの成功率は、非喫煙者に比べる明らかに下がると言われています。
また、歯周病になりやすくなるとも言われています。

インプラントを長い期間維持するのも大事なことですので、インプラント治療をされる方は、禁煙していただくことをお勧めします。
また、重度の歯周病のためインプラントを打てるだけの骨がない方や、歯が抜けた状態を長期間放置していたという方は、インプラント治療が難しいかもしれません。

かみ合わせに問題がある場合は、インプラント治療開始前に矯正治療を施すことをお勧めします。また、糖尿病や高血圧の方などは、手術ができない場合もあります。
インプラントを検討している旨を主治医に伝え、可能かどうか指示を仰ぐようにしてください。

また、インプラントは治療後の定期的なメインテナンスが不可欠なので、それを出来ないという方もインプラント治療は難しいでしょう。

当院では、インプラントをご検討中の方おひとりお一人の歯の具合やライフスタイルに合わせて、インプラント治療に際し必要なことや気をつけるべき点などをわかりやすくアドバイスさせていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

投稿者 医療法人社団明佳会