千葉・秋葉原 インプラント通信

2012年11月29日 木曜日

歯周病と胃潰瘍との関わりについて

『胃潰瘍の原因はストレス』とよく言われることですが、近年、胃潰瘍が細菌感染によっても起こることが明らかになってきました。
一般の細菌では住み着くことができないほどの強い酸性の胃の中でも住み着くピロリ菌というものです。

この細菌は、胃液の成分からアンモニアを作り、自分たちが生きていける環境を作っているのだそうです。
その上胃がんまでも引き起こすといわれています。
ところが、歯周病が進み、歯周ポケットが深くなると口の中にもピロリ菌に似たキャンピロバクターという細菌が増えてきます。

通常、人間の体には免疫反応という身体を守る機能があります。
ところが、免疫反応は逆に身体を攻撃するアレルギー反応を起こす場合があります。

そのため、キャンピロバクターを排除しようとするアレルギー反応が強く出た場合には同時にピロリ菌に対してもアレルギー反応を引き起こしてしまうことも考えられるのです。


その結果、歯周病と胃潰瘍、双方が悪くなってしまうことがわかってきています。
まだまだ様々な点で研究がつづけられていますが、口の健康が全身の健康にいかにつながっているのかを認識し直すことが大事なことだといえます。

投稿者 医療法人社団明佳会