歯科コラム

2011年9月28日 水曜日

フッ素の使用時期

フツ素は生えてきて間もない歯に使うのが最も効果的です。乳歯は生後6ケ月~3歳半頃、永久歯は4歳頃~中学3年生頃に生えて来ますので、その時期にあたります。
中学生までフツ素うがいを続けた子は大人になってもむし歯が60%も少ないという研究が発表されており、さらに、大人の歯の根の部分に出来るむし歯にも20~30%の予防効果があるという研究報告もあります。フツ素の利用は一生続けたほうが良いでしょう。
ただし、フツ素はそれぞれの患者さんの年齢やお口の中の状態に合った使い方や量 があり、間違えると効果が得られなかったり、副作用が出る場合もありますので注意が必要です。
 

投稿者 医療法人社団明佳会